アダルトDVD ワンダーランド

アダルトDVDが見たくても、市販で買ったりレンタルしたりすると結構高くつくんですよね。できることなら毎日だって新作を見たいけど、そんなことしてたら何万あっても足りないじゃないですか。でも、もしも見放題で月々5000円程度から…なんてサービスがあったら皆さんどうですかね。少なくともボクはこれを知った時に小躍りする勢いで喜びましたよ!これこそボクたちの思いえがいたワンダーランド!みんなでこの不思議の国で思う存分楽しんでいってくださいね。果たせなかった飽きるほど見ると言う夢をここで実現させてください!




>>入口<<


ワンダーランドは不思議の国、つまりみなが望む夢のような世界。元々は家庭教師をしていたドジスンが教え子たちにせがまれて即興で作った物語の舞台となった地下世界のこと。その物語を本にまとめ教え子の三女(その物語の主役となった)であるアリス・リデルに贈与し、それが好評だった為改題して一般出版される際にワンダーランドのタイトルがつけられた。現在では世界中で誰もが知るベストセラーの一つとしても知られており、様々な創作物のタイトルにオマージュもしくはパロディ的な要素の一環として「(主人公ないしはヒロインの名前) イン ワンダーランド」という題名を冠した作品が多数誕生している。本家においては荒唐無稽さを産み出しながらも、子供たちにも親しみのある各種動物がエキストラとして登場していたり、興味を引かせる為の要素として魔法の薬や様々な小道具を用いる事によって数多くの物語における「引き」と「押し」の要素が活用されており、万人に好ましく思われる構成を上手く演出している。近代ファンタジーの最高傑作のひとつとして数えられているとともに、喜劇としての評価も高い。後に続編に該当する「鏡の国」も執筆されている。これらの著作には作者の遊び心が高度な知性と共に隠されており、現在の文学研究者たちの興味深い題材の一つとなっている。ハンプティダンプティの謎かけなどはマザーグースの一篇を引用しており誰でもわかるものだが、鏡の国のアリスとハートのクィーンがチェスの動きになぞらえて動いている点についてはたいへん複雑なトリックといえるだろう。ジャヴァウォッキーなどもドジスン流の遊びの一つである。こういった娯楽的要素と高度な知性によって完成された作品こそが傑作となる可能性を秘めている。



出口


諸注意 観光案内 サイトマップ


Copyright © 2008 orange-pp.com All right reserved.