裏DVD天啓神託

 
裏DVDの世界を創った神様は、まず最初に何も無い人間たちに向かってこう言った。光ディスクあれ、と。
この広い宇宙の中で作品自体は星の数よりあるとおもうけど、本当の名作なんていうのはそのなかの一握りしかないんです。その最高傑作達を厳選し、このサイトではそれらの入所経路情報を公開しています。これを見れば目が覚めるほどの衝撃が皆さんの中を走りぬけることでしょう。これこそ神のお告げ、天啓とか神託と呼ばれるものに相違ありません!
入口
天啓とは神ないしはそれに類するものから受けるお告げのことで、神託とは神に伺いをたて受けるお告げのこと。一見同じように感じるが、原則的に天啓は願って受けるお告げではなく、神などが一方的に与える形となる。対して神託はシャーマンや巫女などが儀式などを行い、神にうったえかけることでお告げを貰う形式となる。口寄せや卜占などの占いなども定義上はこの中に含まれる。様々な宗教などにおいて教祖になるものはそのほとんどが夢を介しての天啓を受けたという場合が多い。また、多神教の場合には神託が行われる事が多く、一神教の場合には天啓に依存する。これは一神教の方がより神を特別視しているとともに運命論的な要因が強い信仰であることも少なからず影響を与えているのではないかと考えられる。多神教になると絶対神ともいえる存在がいなくなるため、徳が低いというと聞こえは悪いが、階級の高くない(つまり人間に幾許かでも近しい)神が数多く存在する。そのためか一神教と違い神の一柱毎に個性があるなど、より身近に感じられる存在になっていることも関係していると考える事ができる。それ故にキリスト教などでは天啓のみで神託はなく、また日本神道や土着信仰における環境では神託は頻繁に行うが天啓などの啓示は珍事とされていた。また、信仰の違いにおいては天啓の内容にも大きく差があり、一神教の場合には吉事か、信仰の為の行動指示か、凶事であっても信者は助かるなど都合のよいものが多い。反面、多神教においては天啓を賜る場合というのは凶事を示す(緊急ないしは回避困難である)場合がほとんどで、別段解決策などの具体的支持はあまりないとされる。凶事の回避は改めて神託を伺いたてるというのが普通だったとされる。このように様々な差異があるのだが、一般の信者からすれば信仰すべき神のありがたいお言葉であることにはなんら変わりがなく、このサイトでも特別区別せずに使用している。とりあえずここは宗教関係ではないので気軽に楽しんでいくのがよいと思われる。



出口


本殿の歴史 交通アクセス 御神体


Copyright © 2008 orange-pp.com All rights reserved.